女の人

美容整形で理想の自分|人気の施術はコレです

負担のない豊胸手術

女性

男性にとっても女性にとっても、豊満なサイズのバストが憧れになることが多いものです。もちろん、好みとなるバストのサイズは人によって異なるので一概には言えません。しかし、女性らしさを引き立たせるシンボルマークであることには違いないでしょう。そんなバストの正体は脂肪です。
太ることによって体脂肪率がアップし、それに伴ってバストのサイズもみるみるアップしていきますが、うまいことバストのみのサイズをアップさせることは難しいものです。バストのサイズはAカップから設定されていますが、よっぽどの痩せ型の人はAカップにも満たないほど小さなバストの為、福岡にて美容整形を受けることも珍しくありません。目やエラ、お腹などさまざまなパーツの中でバストに施す施術にはヒアルロン酸注射があります。ヒアルロン酸注射は、体に負担を与えずにバストアップを目指せるもので、福岡の美容外科でも高い人気になっています。
バストアップの為の豊胸手術の中には、すでにバストの形が作られたシリコンバッグを挿入する方法もあります。シリコンバッグ挿入法の場合、一気に3~4サイズアップを目指すことも可能ですが、異物を体内に入れる為に人によっては拒否反応が起きることもあります。その安全性は以前と比較してかなり高まってきているので、そこまで大きな不安点はありません。福岡で受けるヒアルロン酸注射に至ってはその心配は全くありません。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分の為に体に違和感なく、美容整形特有のダウンタイムが生じることもないでしょう。

福岡の美容外科で美容整形を受ける前には、どのような仕上がりを希望するのか確かめる為のカウンセリングが行なわれます。カウセリングの際には数ある豊胸手術の中でどちらを選ぶのか尋ねられるでしょう。ヒアルロン酸注射の場合、注入する量によってバストサイズが変わるので、希望をしっかり相談できます。目安としては30cc注入することでサイズが0.5カップアップすると見ておきましょう。
ヒアルロン酸注射を選ぶ際に一つ把握しておきたいことは、その持続性です。シリコンバッグは挿入した以降、そのサイズが小さくなることは皆無ですが、ヒアルロン酸は徐々に体内へ吸収されてしまいます。その為、注射によってサイズアップしたバストも、半年から1年後には元のサイズに戻ってしまうでしょう。そうなったときに、再び福岡にて美容整形を受けることも可能ですが、長期的な効果を望むのであればシリコンバッグや脂肪注入が適していると言えます。福岡で受けられる脂肪注入は、肥満が気になるパーツから脂肪を抽出し、それをバストに注入できるので、ヒアルロン酸同様拒否反応のリスクはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加