女の人

美容整形で理想の自分|人気の施術はコレです

好きなようにデザイン

医者

日本人の多くが一重や奥二重で、幅の広い二重にする為にアイプチを駆使する方法が生み出されました。接着力の高いアイプチのグルーを用いて、希望とする二重のラインに塗ることにより、ぱっちりとした二重ラインを簡単にキープすることができるのです。多くの人から選ばれているアイプチは、二重の持続力が高いことからますます人気を集めていますが、メイクの一環であるが故にメイク落としによって元の目に戻ってしまいます。
その為、ウォータープルーフでもない限り、海やプールではアイプチが剥がれてしまう可能性もあるでしょう。どんなシーンでも綺麗な二重をキープする為には、福岡で美容整形を受けることが手っ取り早い手段だと言えます。メスを用いずにぱっちりとした二重に仕上げる埋没法は、施術自体もシンプルで簡単な為にプチ整形とまで呼ばれています。自身が望む二重のデザインによって最適な美容整形が変わるので、あらゆる施術の違いを把握しておきましょう。

福岡でも有名な美容整形の一つに、まるで人形のようなぱっちり二重に変身できる切開法があります。人の髪の毛ほどに細い糸でまぶたに留める埋没法とは異なり、重たい一重の脂肪を取り除くのが切開法です。福岡で受けられる美容整形ではまぶたに直接メスを入れ、まぶたに重くのしかかっていた脂肪を取り除くことから始まります。取り除かれる脂肪には脂肪細胞が含まれているので、まぶたが再び重たい脂肪に見舞われる可能性はとても低いでしょう。その理由は、脂肪細胞が脂肪を生成する為に、脂肪細胞がなくなることで脂肪量が圧倒的に減少する為です。
脂肪を取り除いた後には希望する二重ラインにあわせて縫合されるので、比較的幅の広い二重にすることも可能です。ナチュラルな二重の幅は約1~3ミリとされていますが、人形や欧米人のようにはっきりとした二重にするなら、5ミリ以上に仕上げるといいでしょう。

また、縦のみならず横の範囲も広げるときには目頭や目尻の切開を行なうことです。部分切開と全切開を組み合わせることで仕上げられる目元のデザインは豊富にあります。美容整形を受けてきた利用者達の口コミや症例写真は、ネットにアップされているので、理想とする目元を探す為に参考にしてみましょう。
埋没法も切開法も、ダウンタイム時には赤みや腫れが生じ、それが落ち着くまでには約1ヶ月の時間を要しますが、その後には理想通りに目元に仕上がっています。両目同時に違和感が生じることを避ける為、片目ずつ施術を受けることも可能なので相談してみましょう。定期的に変化をチェックする美容外科もあるので、福岡の中でも自宅から美容整形を受けに行きやすい範囲内でリサーチしておくことです。美容整形を受けることで自身が抱えてきた外見コンプレックスを解消できると、みるみる自信がついてくるでしょう。そのメリットは大きく、美容外科の需要は今後も高まり続けるとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加